エンブレム KOBE-KORYO THE POSSESSION SOCCER 神戸弘陵公式サイトに戻る
神戸弘崚高等学校サッカー部
TOP トップページ Players/Staff 選手・スタッフ ABOUT INFO 部活案内 新入生案内 Q&A
     
新入生案内 Q&A

これから、進路を考える中学生の皆様に質問をQ&Aで掲載しています。
本校のクラブ活動の様子などを少しでも感じ取っていただければ、良いと考えています。

Q1 どんなクラブですか?
3学年とも気さくにコミュニケーションがとれ、 3年生は最高学年として発言行動に自覚を持って取り組んでいます。 3年生を筆頭にまとまりあるチームです。
出身チームが同じであったりトレセンで一緒にプレーしたことがあったりと入部するまえから顔なじみの選手達もいます。サッカーが好きであれば和ができるもの時間はかかりません。また県外からの有力な選手も在籍しています。
サッカーを通して、人として育っていくなかで 楽しさと厳しさを取り入れ技術の向上、 個人の判断をベースにイメージ豊かな攻撃と規律ある中での守備で勝利を目指しています。

Q2 どんな練習をしているのですか?
基本的に月曜日がオフで土日が練習試合か公式戦になります。
火曜日から金曜日まではサッカー部専用グランドや人工芝グラウンドで行い、紅白戦による実践練習を多く行っています。内容はとにかくボールをよくさわるトレーニングを行い、試合中個人が判断してプレーできるような環境を創っています。テクニックにこだわりたい人は大歓迎です。

Q3 1年生から試合はありますか?また、初年度費用はどれくらいかかりますか?
土日は練習試合や公式戦を行っています。入学して他府県の1年生と試合をしたり、中学生と試合をしたりしています。受験期間からの基礎体力が戻れば実力によってはトップチームでの活躍ができます。基本的には週に1回は試合に出る機会があります。
さらに関西地区の1年生大会(関西U-16〜Groeien〜2015)にも参加し、1年生から実践重視の体験が多くできます。

初年度費用について PDFファイル

Q4 進路先はどのようになっていますか?
部員の多くはサッカーでの推薦で進学しています。また特進文理コースで入学し、文武両道で難関大学へ進学しています。
海外へのサッカー留学にチャレンジしている選手もいます。

過去の進学先を参考にして下さい>>


Q5 オープンキャンパスについて
オープンキャンパスは体験練習です。練習会については各チームへの案内、ホームページで連絡させていただきます。

 
創 部
1983年 昭和58年に創立
活動のねらい
1)
自分の今の関心や技能を伸ばす。
2)
一つのことに熱中することにより、心と身体を鍛え、自らの可能性を伸ばす。
3)
共に活動する中で、人間関係を深め、お互いの考え方を知り、一生の仲間づくりをする。
4)
先輩や後輩のつきあい、他校との交流を通じ、礼儀を身につけ、社会性を高める。
活動時間
平 日…放課後約3時間
土日祝…練習試合・公式戦
       人工芝での練習
コース
コース(4コース)
・体育特選コース(共学)
・特進文理コース(共学)
・総合教育コース
平成28年度より募集
総合進学コース(共学)
 
勝者と敗者の違い
一、
勝者は注意を集中し、敗者は注意散漫である。
一、
勝者は「見つけよう」といい、敗者は「誰も知らない」と言う。
一、
勝者はミスした時「自分が悪い」と言い、敗者は「自分のせいではない」と言う。
一、
勝者は敗者を恐れない。
一、
勝者はよいプレーによって前の失敗をつぐなうが、敗者は「すみませんでした」と言うだけで同じ失敗を繰り返す。
一、
勝者は努力する時間を作るが、敗者は、いつも忙しいといって、必要な事に手が回らない。
一、
勝者は実行し、敗者は約束だけする。
一、
勝者は敗北から学び、敗者は新しい事を試みないで、失敗をしない事だ。
一、
勝者はすでに高いレベルに達していても「もっとよくなりたい」と言い、敗者は「自分は他人ほど悪くない」と言う。
一、
勝者は人を傷つけようとしないが、敗者知らないうちに人を傷つけている。
一、
勝者は開く耳を持ち、敗者はしゃべる番を待つ。
一、
勝者は周りの雰囲気に敏感であり、敗者は自分の感情だけに敏感である。
一、
勝者は自分より優れた人を尊敬し、彼らから何かを学ぼうとするが、敗者は彼らに腹を立て、あら捜しをしようとする。
一、
勝者は説明し、敗者は言い訳をする。
一、
勝者は自分の仕事以上の責任を負うが、敗者は「これだけしか出来ない」と言う。
一、
勝者は「もっと良い方法があるはずだ」と言い、敗者は「今までやってきた以外の事は出来ない」と言う。
努力は絶対に裏切らない!
ページのトップへ ■■■■■■■■■■■ 神戸弘陵公式サイトに戻る
Copyright 2008 KOBE-KORYO SOCCER. All rights reserved.